明るい未来が待ってる

いろんな話題、出来事をブログで記録

*

運動会のお弁当は人間弁?

   

最も田舎の小学生のうちの運動会は街を上げての一大イベントで夫人が必ずやお弁当を持って来てくれました。いつものオカズには絶対に弱いような贅沢なオカズのお弁当なので、お子さんにとってはそれが最良喜びでしたね。また夫人が見ていてくれるので走る時折「素晴らしいとこ見せよう」と思って誰もが頑張ったと思います。

大人になった今日になると運動会の前の日には女子がたえずとは違う豪華なお弁当を組み立てるためにアイデアをこらしていてくれたんだなあと思います。

運動会のお弁当の話では、夫人がいなくて自分で作ってきた、たえずとおんなじ弁当を一人講習で摂る学生にドクターが「ドクターはちょっと胃腸の度合いが悪くてこういう弁当まさか食べられないから、お前のその弁当と取り替えよう」とウソをついて重箱に入ったお弁当を学生に生みだすはなしがありますが、きっと私の同級生にも夫人がいないお子さんもいたですから。そういう事態があったのかも知れません。

大人になった今ではお子さんが夫人と一緒に運動会でお弁当を採り入れることが誠にハピネスを象徴する事態なのだろうと思います。またドクターから重箱のお弁当を差し出されたお子さんは運動会で「恩恵」を強い印象を残して学んだことでしょうと思います。なるほどノスタルジーですね、運動会。するるのおめぐ実

 - 未分類